10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

ヘッポコ達のママチャリレース参戦記

平均年齢40代を迎えたオヤジ達の集団が「ママチャリレース」に挑みます。レース情報・トレーニングなどの自転車情報に加え、宮城県情報も公開していきます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

カーボンバーのインプレ 

先日お伝えしたカーボンハンドルバーのインプレをご紹介


カーボン素材の表現として良く聞くのは「微振動を吸収する」っていうこと。
正直、この「微振動」ってどのくらいなのかなと思ってたんですよね~

で装着後、早速お試し走行してみました。
そもそも違いの解らないヘッポコな僕に、違いは感じられるのか

走行してみたのは、夜な夜な走行している我が家の周辺。


走り出して驚いたのは、こんな僕でもすぐに違いが解ったこと
手に伝わる「微振動」が、間違いなく緩和されてます

なんて言うんでしょう・・・
手に伝わる振動が、マイルドになると言うんでしょうか。

そもそもこの「微振動」って、イメージとしては「段差の乗り越え」程度と思っていたのは間違いでした

読んで字の如く、「微小な振動」です。
アスファルトのロードノイズって言えば伝わりますでしょうか。
車で走っていても、タイヤから聞こえる「ガー」とか「ザー」って音。

アレがロードノイズという、タイヤと路面との摩擦で生じる振動(ノイズ)です。
カーボンバーは、このノイズになる微小な振動を拾ってくれる感じ。
アスファルトに引いてある白線の上を走行すると、「ガー」や「ザー」っていうノイズが「サー」ってなりますよね
それが、このハンドルバー一本で常に「サー」となってる感じです


それに加えて、アスファルトの継ぎ目の「ゴツン」とか「ガコッ」が、「ゴウン」や「ゴフ」ってなります。
角が取れるというか、スポンジに包まれたというか、マイルドになりました

微振動が全くなくなる訳ではありませんが、間違いなく疲れ難くなると思いますよ


mituzoさんもお勧めされてますが、僕からもお勧めのこの『カーボンハンドルバー』

買って損はない逸品です




脱・微振動のカーボンバーに、1クリックをお願いします
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
2012/11/30 Fri. 10:00 | trackback: 0 | comment: 2edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。